まい創りを考える     TOM建築設計事務所

Googleサイト内検索
ワンボックスカー的住宅は、材料、資源を最小限に抑え、無駄を省くことで本物の空間が構成され、その結果豊かさを得ることが出来る住宅です。|ローコスト住宅・低価格家作り・低価格設計・広島・建築・設計・ローコスト・住宅・古民家・リフォーム・TOM建築設計事務所

ワンボックスカー的住宅

デジタル時代の中、家族の関係は希薄になりがちです。

家族の気配を強く感じ取れるワンボックスカー的住宅の模型画像
なるべく顔を合わせ密接な関係になる様、廊下等ムダな部分を無くしリビングに吹抜けを設ける等して、家族の気配を強く感じ取れる構成とします。
間仕切りを極力排除したワンボックスカー的住宅の模型画像
間仕切りを極力排除した四角い箱はまるでワンボックスカーの様です。
そのワンボックスカーの形状は、とても開放的で、風通し、採光に最適です。

冬時期の暖房を床暖房とすることで吹抜けを通し、
全体がホンワカ暖まります。

太陽光摂取は屋根や庇(ひさし)で調整します。
それらは、風雨から家を守ってくれます。
無駄を省くワンボックスカー的住宅の模型画像
そんなワンボックスカー的住宅は、材料、資源を最小限に抑え、無駄を省くことで
本物の空間が構成され、その結果豊かさを得ることが出来る住宅です。























 


Copyright(C) 2007〜 TOM ARCHITECT ASSOCIATES. All rights reserved.